たまにあきさんは考えた

脳内を垂れ流しています。

しみじみ

新職場の初当直を終えた。

だいたいヤブ医者感をフロアに伝えられた気がする。

 

今週は馴染みの職場に4日間行くので安心である。

その後日曜から怒涛の当直がしばらく続き、それが終わってしまえば人生の大学病院勤めを終える。

 

今までいまいちわかってなかった薬の使い方だとかを知って発見があった。

手術で行うこととは違う術後管理。

集中治療の適応。

 

でも体力的にここで半年はきつかっただろうな。

体力を補うために頭部の体積ほどのチョコレートを昨晩は摂取した。

 

昨日、モニターを愛してる、という私的にツッコミどころしかない台詞を聞けたのは面白かった。

 

採血の数値が並んだ画面を見るだけで眼球の水分が一瞬で蒸発してしまう身として眩しい。

 

モニター。

全てにタオルを掛けたくなる。

赤く点滅しすぎだろ。

 

その先生にはまだやりたいことがあるらしく、これからもそこに向かって医学を邁進するっぽい。

趣味が仕事だそうだ。

羨ましいにもほどがある。

 

この前もそういう人がいた。

電気の配線を動かすのが子供の頃から好きで今その仕事をしているそうだ。

趣味:仕事、は役満では。

 

 

医学を楽しいと思うときもあった。

でもそれはたまたま理解しやすく、驚きもあるようなトリビアを面白い、と感じるのに似てて、自分から進んで探究することは一度だってなかった。

 

必要に迫られて、覚える。

しかたなく。

 

麻酔科はその知識が必要になることが目の前で緊急に起こる分、合っていたとは思う。

必要に迫られて、の迫られ方が本気度高かった。

目の前で事が起きるから予習も対応もあまり悠長にしていられない。

 

他の科だったらもうちょっと人と相談して、とか明日までに、とかの余裕もあった気がする。

そういう先々の締め切りになるほど手をつけない。

 

これ読んどいて〜、この資料作ってみて〜、というのを須くやっていないことを今思い出した。

医局長、すいません。

 

医学にモチベーションがあったら、何か得意分野があったら、何か違っていたかもな。

 

なかったものはしょうがない。

人と一緒に働くことだけが楽しかった。

 

 

 

今日共有スペースに備えられてるWi-Fiが壊れたとかでシェアハウスの住人たちと話をした。

 

少し話すだけで気分が違う。

しばらく知らない人たちと住んでたが言葉を交わすだけで安心安全感が段違い。すごい。

 

外国の方は本当に話しかけることに抵抗感がないらしい。

初対面で昼を食べながら身の上話までした。

 

私は知り合いだとわかっていても基本的に話しかけない。

 

あいさつも同様で、去年覚えた。

なんか会う度にあいさつしなさい!と言ってくる先生がいたので。

 

最初機嫌悪いのか〜と冗談だと思ってたらまじで挨拶しなさいという意味だったらしい。びっくり。

 

そういうことも働かなくなったら忘れていくきがする。

また挨拶をしない人になる。

麻酔のやり方も忘れていってしまう。

麻酔はできなくなる。

 

いつかまた覚え直す可能性も考えたが、巻数が長い漫画を途中で読まなくなって、思い出すために1巻から読み直すことってあんまりしない。

 

先々のことはわからないが、モニターを見ることも、シリンジを触ることも、麻薬を食塩水で薄めることももうしなくなるのかなーと思いながら過ごしている。

 

f:id:residentaki:20210404173951j:image

医局に流るるハウル

明日から新職場

今月は動画は2日に1回だん。
来月から取り放題だん。
無限回撮れる。
なんなら編集もできるのでは。

それはしないか。

 

てかそれより時間できたら踊りたい。

ルラルラダンス覚えたい(だいぶ遅い)。

 

最近よく言われること

 

その1
仕事やめて本格的にyoutuber目指すことにしたん!?

 

→いや、違う。

なんでいきなり全国区の熾烈な争いに参戦しなきゃいけないのだ。
5分動画は本当に暇つぶしです。
暇つぶしに付き合ってくれる人ありがとー。


その2
5月から何するの!?バイト!?

 

→特に決めてない。

貯金あるし、しばらく無職する。
親に黙ってるつもりだったけど、医局長がそれはあかんと言うので報告した。
やめるのはいいけど実家に住まないでくれ、という感じだった。おけ。

 

その3
いや、だから、何を!?するの!?

 

→まあ本読んだり漫画読んだりNetflix見たり。
友達の自宅ぷらぷら遊びに行く予定。
漫画とか借りたい。
旅行は?と聞かれたがお金かかるし、旅行もとから興味なかった。
コロナ開けたら友達とドバイに行こうって話はある。それだけ。

 

その4
ふつうにやめられたの?

 

→私がふつうではなかったので普通じゃなかった。

 

その5
シェアハウスどんなかんじ?

 

→すごい居心地よい!

が、ちょこちょこぎょっとしている。

門を開いたらすごい警報音始まったり、誰もいないと思った共有スペースの端に人が隠れてたり(妖怪みたいだった…)、工事の振動がそのまま伝達して昼頃ずっと地震のようだったり。

みんな女性なので清潔感あるというか、きちんとしているというか。

むしろ私が細かなルールに逸脱しないようにハイ。
全部張り紙してあってわかりやすくて良い。

 

 

以上。

愛はあるってばよ2

こちらに文化としてないものは、ほぼ見えないのである。

 

口紅の色。
赤とピンクとオレンジまでなら差はわかる。


だが女性誌を開けば赤にも赤で果てしない色の違いがある。

すぐ例えが出ない。

ローズとかガーネットとかあれだ。

 

なんとアイライナーのブラックにも濃さや艶など差がある。
黒は黒だ!!

 

そんな微妙な違いを日夜考察して、自分にベストマッチなものを見つけるのがお化粧業界だと思っている。

 

芸術の世界だ。

そう表現することで友人に化粧品を語り出されると誤魔化しているが、ほぼ同じにしか見えない。

 

美容液なんかもそう。
遺伝と健康的な生活のほうがよほど影響がある。

 

よくわからないことは、アートだね、と言っとけば良い感じに収まるのでおすすめ。

人が大切にしてるものはその人自身でもある。

 

そんなよくわからないモノを身につける彼女たちをとてもかわいくおもう。

 

1つ1つはよくわからないけど、ちゃんと手が加えられていることに輝きを感じる。

 

私のようにこれでいっしょ!感がない。

だから良いのだ。


ピンクのマスクとか見るとピンクだ!!かわいい!と思う。
それを選んだ行為が素晴らしい。

似合っている。

 

女性の化粧ポーチにもそれぞれの趣味嗜好がよくでる。

同じ商品を欲しがることはないが、1つ1つ選んだ基準が気になる。

 

こだわりの品、みたいのを説明されるのは楽しい。

化粧品に興味はないが、彼女たちには見えるらしい文化を知るひととき。

 

 

だからこそプレゼントというものは大変難しい。
個人の趣味を考慮して喜ばせるのは並大抵のことではない。

 

これが好きそう、とパッと浮かびはする。
しかしそこから質感、ブランド、香り、など当人のこだわりを思うと秒で諦めたくなる。
てきとーなもの渡してもゴミになるだけだ。

そういうことはできないので話し合いで真ん中を探る。 

 

それでいくと今期のことねの彼氏はすごかった。
先週これもらった!!!とニコニコ見せてくれたが、ことねが好きそうなハンドクリーム、保湿液、髪の美容液。

 

それぞれ違うブランドのラインナップだった。
私はどれも知らなかったが、ことねは全部絶賛していた。

 

使ってみて!と言われたが、価値は価値がわかる人が使用してこそ素晴らしいと思うので断った。


私がそんな高価なものを使うのは無駄遣いも甚だしい。
だいたい数ml使用した位で何も変わらん。
いいにおーい、しか言えない。

 

 

先日初めて行ったいちご宅も想像以上にアートであった。
圧倒的カラフル。

 

部屋もすごいがこれ見ようぜ!と始まったお笑いのアマプラが至上最高に下品で何の先制パンチかと思った。

 

下品すぎて途中からアマプラも扱えなくなったらしい。
最終的に慣れて爆笑した。

 

私が部屋に人を呼んでも見せるものもやることも特にない。
本棚も持たなくなって殺風景である。

 

これがいいらしい、と教わったことをやって過ごしているが主体的に何か生み出したりしない。

 

だから人がすごい勢いで語ることや、やっていることを口開けて見ているのだ。

それはこれからもずっとそう。

知識も、体力も、発想も、お金儲けも。

まあそういう役柄なんだと思う。

にわか枠。

私も何かになりたいのだけど。

何かって何、って。

f:id:residentaki:20210329164715j:image

引っ越し。

f:id:residentaki:20210329164851j:image

よく見ると中央に鳥。

 

 

愛はあるってばよ1

いちごは会うたびに謎のプレゼントをくれる。


高価なものではなく、はまってるグミだとか焼いたクッキーとか。

 

手作りの写真立てはまあまあ謎だった。
写真立て…。写真がない。
実家に置いといた。

 

誕生日だからと、お下がりのドレスをもらった。
当たり前だがサイズが小さかった。
なぜ着れると思ったのか疑問である。
実家に置いといた。

 

お酒好きと勘違いされたのかシャンパンをもらうこともある。
1人飲みとかしないのでお酒好きの勘違いは解いていきたい。

 

これめっちゃいいリップなの!!!と使いたてほやほやのティントもくれた。
コロナじゃないから大丈夫!と太鼓判も押してきた。
いやそんな心配してない。
そのティントはとてもよかったので愛用中である。

 

 

人にプレゼントを渡す文化がなかった。
プレゼントを持ち運ぶというのは手荷物を増やすことなので、人に何かを贈る、ということがない。

 

旅行土産も何ほしいか聞かれてもいらないと言ってある。
それでも何か、と言われたら旅先の写真か土産話と伝える。

 

いちごは多分プレゼントをとても喜ぶタイプなのだ、と思った。

だから他人にそれを行う。


がしかし私あまりにプレゼント文化がなく、何に喜ぶか検討がつかない、というよりその思考回路がないため想像しようとするとそこで停止する。

 

そういえばことねから誕生日プレゼントに指輪をもらってそのお返しができていない。
何欲しい?と聞いたら温泉行きたい!と返ってきた。
温泉。

温泉ってとりあえず箱根行って見つけるとかそういうかんじで?

 

お店の予約も苦手である。
店員に電話をかけたくない。
まつエクに1度もたどりつかないのもそれが理由の1つである。

なおジェルネイルは当日にお店に行って開いてる時間を聞いて、それまでカフェで待つ。

 

 

プレゼント文化、予約文化。
世の男性は大変だのう。

 

わたしはその返礼をしなければ、というのを頭の片隅にかかえながら進撃の巨人を読みます。

 

ちょっと意識しとくだけでこれかぁぁあああ!!と発見したり行動したりできる瞬間がくるのでそれでいいのです。

 

苦手なこと、しない。

気持ちはあるのです。
ただ文化がないだけ。
愛はあるのにな。

 

f:id:residentaki:20210328111024j:image

無期限

時間感覚が間延びした。
期限がなくなった。

 

もともと研修医になってから期限ぽいものは格段に減った。

医者登録みたいのだけやばかったけど、その次の期限は研修医終了させるための書類だけ。

テストもなし。

専門医は受けませんと医局で言い続けてきた。

まさか標榜医も取らないとは自分でも思ってなかったが。

麻酔科のバイトをする予定もないのでそれも不要だった。

 

週末中に行かないといけないところも、今週中に読んで来週はこれ読みたいとかもなくなった。

すこしフライングだがそんな感じになってる。

 

無気力とも違う。

しゃっきとしていない。


しゃきっとしたところで怒濤の1ヶ月が来るからどうしようもない。

 

転勤先を1ヶ月で消えるなぞの新米です。
すいません。
でも1ヶ月もとの研修先で働けるのをうれしくおも
すいません。

 

というわけであたまが働いてないのか、思うところがないのか、書くに書けない話が多いのか、先々を考えたくないのか。


そういう日が続いてる。

心なしか仕事も落ち着いている。

穏やかである。(すいませ

 

進撃の巨人読んでる。
そのうちなんかがんばりたくなることがでてくるだろう。


あと少し1秒でも多く寝る生活を続ける。
または最後だから色々動くか。
来月のことは誰もわからない。

 

 

 

ハスキー

数日書いてないだけで、書いていたことを忘れるな。

明日は書こう。

来月の当直表見たら、いつもの倍だった。しかも寝れないやつ。

 

朝帰れるからましなほう。

もっとすごい科もある。

でも仕事やめてよかった…。

100回ありがとう。

 

先々は特に考えてない。

冬は札幌で過ごしたい。

そっちいって夢のハスキー飼うか。

いや共倒れしたらまずい。

仕事見つけてからにしよう。

あんまり働きたくないけど。

ハスキーに会ったらまた気も変わるかもしれんし。

もふもふ。

小学校の記憶

低学年の時は3人でグループを組んでいた。
仲良くしていたというより、あかねちゃんと私でゆかりちゃんを取り合っていた。(実名)

 

それは当時流行ってた交換ノートにも表れ、ノート上で静かな戦争となり、先生にバレてうちのクラスは交換ノート禁止になった。

今思うと根本の解決になってなさがすごい。


ちなみに先に記載で戦争をふっかけたのはあかねちゃんだったと今でも思う。
やられたら、やってよし法典★

 

小学校高学年になると、学校を抜け出したり、お菓子だとかアクセサリーだとか禁止類をもちこんで反抗する6人組に所属した。


その中でもあおいちゃん(実名)と仲が良く、給食を作る建物の裏口から毎日学校を抜け出した。

 

小学校からすぐ外にある公園のブランコでどこまでこげるかをやっていた。

わたしは普通に運動音痴かつチキンなので、あおいが毎回圧勝していた。

 

2人漕ぎするとあおいが恐ろしいところまでこぐのでぎゃあああ~と叫んでブレーキをかける。
さらに勢いつけるあおい。
弱虫あっきーと言われた気がする。
吹っ飛んで怪我するよりはいい。

 

いつものようにブランコを漕いでいたら遠くの方から声が聞こえた。
見上げると明らかに小学校の屋上に人だかりができている。

 

どう考えてもこっちを見てる。
やべぇ帰ろう、と戻る途中で担任登場。

 

学校外で教師に遭遇する事と運転中に警察に車止められる事は似ている。
あ~…おわった~…感。
ここでこの遊びは終了した。

 

次にあおいはすごい場所がある、といって自宅マンションの屋上に連れて行ってくれた。

 

鍵のかかった扉をよじ登ってさらに階段を登ると、手すりも何もない場所に出た。

よく煙草の看板とか立ってるあの場所である。

 

小学生には高すぎる、開けた場所だった。
空、ひろ。


あおいは普通に角まで行って縁に腰を下ろし、命綱なしで足をぶら~んとさせた。

 

さすがに私は無理だった。
いや風吹いたらやばいでしょ♪

いや言ったよね♪
あおい、危ないからこっちに戻れ、と。

私が焦るほど彼女は喜ぶ。
そしてもっと危ない姿勢になる。

あははは〜んどころではなく子供っておそろしい。

 

すぐにその場所は6人組のたまり場になった。

しかし意外とすぐき地上を歩いていた保護者に発見され校長を含めた会議が発足され、再度遊びは終了した。

 

なお発見した保護者は6人組のあずさちゃん(実名)のお母様であり、なんで地上からあんな高いところを見上げたのか不思議だったが、母親のカンは偉大なのでつまりそういうことなのだろう。

 

そんなことがあった。
あおいとは卒業と同時に交流がなくなった。
それは私の幼さによるもので、思い出すと少し後悔する。

最近自覚したが、時々そういう発作がある。
でもどうにも止まらないのでしかたない。

 

その後あおいのことをfacebookで発見した。

母親になっていた。はえーな。
連絡をとったがうやむやになって終わった。
今もどこかで仕事か子育てかしているはず。

 

 

f:id:residentaki:20210321122129j:image

目っちゃん